養育費未払いで弁護士を選ぶポイント

「みきママ」といいます。4歳女子、3歳男子の2児のママです。

 

ここでは養育費が未払いになった時の弁護士の選び方について書いてます。

 

「弁護士の知り合いなんていない」
「どこに相談すればいいかわからない」
「弁護士の選び方がわからない」

 

養育費は10年以上続くものなので、

 

将来もお金を回収できるかが重要になってきます。

 

このあたりをポイントにまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

弁護士選びのポイント

3つ

 

大きなポイントは3つ

 

チェック 初期費用がいるか?
チェック 将来分も回収してもらえるか?
チェック 年中無休でやってるか?

 

詳しく書いていきますね('ω')ノ

 

初期費用がいるか?

初期費用0円

 

お金がないなら初期費用0円タイプが頼みやすい

 

初期費用がかかるタイプだと、いきなり30万円くらい必要になったりします。

 

弁護士費用ってどんな感じ?

・相談料
・着手金
・成功報酬

 

こういったお金が必要になるのが基本です。

 

他には、日当(出張手当)、手数料(訴訟の印紙代)も必要になったりします。

 

相場はいくら?

ざっくり言うと、

 

チェック 相談料:30分5000円
チェック 着手金:10万円〜30万円 
チェック 成功報酬:回収した金額の10%

 

こんなイメージ。

 

例えば、
・4時間相談(2万円)
・着手金20万円で依頼
・月10万円の3年分(360万円)を回収

 

これだと、
2万円+20万円+36万円=58万円(うち初期費用22万円)

 

合計60万円くらいが必要で、初期費用で20万円以上必要になります。

 

ちなみに、もし回収に失敗しても初期費用は戻ってきません( ノД`)

 

養育費とめられてお金がない・・・

初期費用0円タイプの事務所があります。

 

・相談料は無料
・着手金もいらない

 

こういった料金形態の事務所です。

 

なんで初期費用0円なの?

成功報酬が多めだからです。

 

実際に回収できた養育費から支払う形になります。

 

「成功報酬は3割」といった感じなので、合計の費用はかさみます。

 

まとめ

養育費とめられてお金がない
→ 初期費用0円タイプ

 

回収に失敗して弁護士費用だけかかるのはイヤ
→ 初期費用0円タイプ

 

トータルで安くおさえたい
→ 着手金払うタイプ
ただし、回収失敗のリスクあり

 

将来分も回収してもらえるか?

将来

 

過去分の回収だけの事務所が多い

 

たいてい弁護士にお願いする時点で、年単位の滞納が発生してます。

 

それで、過去の滞納分を回収してもらう形になります。

 

将来分は「またご相談ください」といった感じになり、初期費用が再度必要になります。

 

元夫はまた払わなくなるケースが多い

再婚や転職で支払いがとまる元夫は多いです

 

「養育費をちゃんともらってる子は20%くらい」
こんな風に言われてます。

 

養育費は、10年以上継続されるとても長いもの。

 

それなのに、担保もとらず、「信頼」のみで支払いを求めるのはかなり危険です。

 

なので、

 

「元夫がまた払わなくなりそう・・・」
「再婚して減額請求されそう・・・」
「転職して収入が落ちそう・・」

 

なんて不安があるなら、「将来の養育費」もフォローしてもらえる事務所が良いでしょう。

 

 

 

逆に、
「これに懲りて今後は払ってくれそうだな」
って思うのであれば、

 

「今回は過去分の回収にとどめて、何かあればまた相談する」って方が、コスパは良いです。

 

ちゃんと支払ってくれてる期間が長ければ長い程、その間の弁護士費用はかからないからです。

 

まとめ

元夫の性格上また払わなくなりそう
→ 将来分の養育費も回収してくれる事務所

 

元夫が再婚や転職をしそう
→ 将来分の養育費も回収してくれる事務所

 

今後は支払いが見込めそう
→ 過去分の回収をしてくれる事務所

 

年中無休でやってるか?

open

 

土日や平日夜に相談できないとシングルマザーは厳しい

 

弁護士事務所は、平日昼間のみ営業が多いです。

 

しかも、先生は裁判所にでかけててなかなかつかまりません・・・。

 

でも、平日昼間は仕事なんだけど?

平日夜や土日も営業してる事務所がおすすめ

 

また、スタッフが充実してる法律事務所がいいでしょう。

 

不在の先生に変わって、連絡調整などの相談にのってくれ、何度も電話をする必要がありません。

 

場所はあまり関係ない

都会

 

電話やメールで相談できるので場所はあまり関係ないです

 

基本電話かメールでのやり取りになるので、遠くの事務所でも支障はありません。

 

こういった事もあり、「全国対応」の事務所が多いです。

 

また、都会の「養育費専門」の事務所にお願いするといった選択肢もでてきます。

 

でも、直接会って相談の方が安心なんだけど?

・面前だと相談料がかかるケースが多い
・平日昼間に時間をとらなければならない
・法律事務所の出入りが人目につく

 

こういったデメリットもあります。

 

それを踏まえて、「会って相談できる安心感」を重視するか否かだと思います。

 

弁護士選びのポイントまとめ

まとめ

 

まとめます。

 

養育費未払いで弁護士を選ぶポイントは、

 

チェック 初期費用がいるか?
お金がないなら初期費用0円タイプが頼みやすい

 

チェック 将来分も回収してもらえるか?
「元夫が再婚や転職で支払いに不安あり」→将来分の回収までお願いした方が良い

 

チェック 年中無休でやってるか?
平日夜や土日に対応してくれる事務所が便利

 

それと、
チェック 遠くの事務所にお願いする選択もある
(電話やメールでやり取りできるから)

 

こういった事でした。

 

これらをふまえて、おすすめの相談先をまとめましたのでチェックしてみてください。

 

@養育費専門のイストワール法律事務所

ジャッジ

 

おすすめ度おすすめ度

 

初期費用:0円

 

将来分の回収:OK

 

営業時間:年中無休

 

おすすめポイント:

 

・完全成功報酬(相談料、着手金0円)
・将来の回収もセットで依頼OK
・平日は21時まで対応
・年中無休でスタッフ充実

 

こういった感じなので、

 

養育費もらわないとお金ない
元旦那が将来再婚して払わなくなりそう
平日昼間は仕事で忙しい

 

こういったニーズに答えてくれます。

 

その分、成功報酬が3割で、着手金がある事務所よりも高めですが、専門性や便利さといったサービスの質で考えると文句なしにイチオシです。

 

 

 

 

A地元の法律事務所

法律事務所

 

おすすめ度4つ星

 

初期費用:0円の事務所もある

 

将来分の回収:OKな事務所もある

 

営業時間:平日昼間のみが多い

 

おすすめポイント:

 

・面と向かって相談ができる
・探せば着手金0円の事務所もある
・将来分の回収も相談にのってもらえる

 

こういった感じなので、

 

とにかく先生と会って相談したい
自分の目で信頼できる先生を探したい

 

こういったニーズに合致します。

 

手間と時間はかかってしまいますが、何個か法律事務所をめぐれば「合う先生」に巡り合えるので、時間に余裕がある人にはおすすめできます。

 

 

※希望の法律事務所を探してくれるサービスです

 

B法テラス

ジャッジ

 

おすすめ度3つ星

 

初期費用:着手金は必要、収入が少なければ無料相談可

 

将来分の回収:要相談

 

営業時間:平日昼間

 

おすすめのポイント:

 

安いです。

 

これに尽きます。

 

ただし、

 

・収入制限がある
・無料相談の予約がとりにくい
・書類や手続きがめんどくさい

 

こういったデメリットもあります。

 

法テラスは、「所得が少ない人向けの国の支援制度」なので、収入制限や複雑な手続きがさけられません。

 

なので、とにかく安く!といったスタンスで、「めんどくさい手続きでもOK」という人にはおすすめできます。

 

 

 

法律事務所選びまとめ

ランキング

 

まとめておくと、

 

チェック 初期費用0で専門的で便利なとこが良い
→養育費専門のイストワール法律事務所

 

チェック 会って相談できる信頼感を重視
→地元の法律事務所

 

チェック とにかく安く
→法テラス

 

といった感じになります。

 

どれもおすすめできますが、イチオシは便利さと専門性でイストワール法律事務所かなとは思います。

 

初期費用0円なので手元にお金がなくても依頼できますし、
将来また元夫が養育費を払わなくなっても対応してくれますし、
仕事を休まず平日夜や土日に相談できるので、

 

「やろう!」と思った時にすぐ行動にうつせるので。

 

あなたの弁護士選びの参考にしてみてくださいね(^^)/

 

 

養育費回収を扱う法律事務所リスト

・養育費回収をホームページで明示してる
・弁護士が何人かいる法律事務所

 

この観点でリストアップしてみたので、参考にしてみてください。

 

法律事務所名 ホームページ
アディーレ法律事務所 ホームページ
ベリーベスト法律事務所 ホームページ
弁護士法人 法律事務所オーセンス ホームページ
弁護士法人ALG&Associates ホームページ
弁護士法人 あおぞら事務所 ホームページ
未来創造弁護士法人 ホームページ
弁護士法人フラクタル法律事務所 ホームページ
弁護士法人DREAM ホームページ
弁護士法人さくら北総法律事務所 ホームページ
弁護士法人つかさ法律事務所 ホームページ
弁護士法人高田綜合法律事務所 ホームページ
弁護士法人心 名古屋駅前法律事務所 ホームページ
ふくい総合法律事務所 ホームページ
弁護士法人みなみ総合法律事務所 ホームページ
弁護士法人法律事務所MIRAIO ホームページ
弁護士法人リブレ ホームページ
多治見ききょう法律事務所 ホームページ

 

国が委託する相談先

相談先 ホームページ
養育費相談支援センター ホームページ

 

あとがき(養育費回収体験談)

自己紹介

改めまして、みきママといいます。「4歳女子、3歳男子の2児のママです。

ママ

 

2番目の子が産まれた直後に離婚しました。

 

いわゆる「産後クライシス」ってやつで、夫が全然育児を手伝わないクセに、毎晩飲み歩いて関係が悪化しました(-_-;)

 

しかも、浮気まで発覚・・・。しかもしかも、妊娠中から浮気してたんです(;´Д`)

 

さすがに自分の非を感じたからか、離婚の時の養育費はあまりもめませんでした。

 

うちは「中学までは毎月8万円、高校から大学卒業までは毎月10万円」ということになりました。

 

元夫の養育費がとまる

最初の2年間は順調に支払われてたんです。

ママ

 

 

それが、だんだん遅れがちになり、しまいにはとまりだしました。

 

最初の何回かは、連絡とって督促してました。

 

ただ、「あまり関わりたくない」って気持ちあって、なーなーになってしまいました(◎_◎;)

 

結果、子供も父親との面会もなくなっていきました・・。

 

「再婚するから」の言い訳

そして、ある日、事件が勃発!

ママ

 

「再婚するから養育費を減額してほしい」
なんて言いだしたんです!

 

怒りを通り越して、あきれましたね。

 

「いや、子供の将来のためのお金でしょ!」
「再婚はあなたの事情でしょ!」
って言いましたが、段々メールも無視され、コミュニケーションがとれなくなっていきました・・。

 

らちが開かないので弁護士に依頼

いよいよこっちの生活も厳しくなってきたので、弁護士を探すことにしました。

弁護士バッジ

 

それで、養育費専門の弁護士さんにお願いしたんです。

 

弁護士を選んだ決め手は、「将来分まで回収してもらえること」。

 

うちの元夫の性格からすると、一旦払いだしても、またその内とまるだろうなって思ったんです。

 

その都度、弁護士にお願いするのも面倒なので、

 

「この際、子供が成長するまでキッチリ取り立てるやり方の方が良いな」って考えました。

 

子供にちゃんと食べさせられるようになった♪

先生にお願いしたおかげで、未払いの分はもちろん、将来の回収もお願いできました(^^)

ママ

 

減額請求も断ってもらえました。

 

おかげで、子供のために我慢してたお金も使えるようになりました。

 

養育費が止まってる時は、牛肉や野菜、魚といったものも正直がまんしていて、申し訳なさがありました・・。

 

そんな我慢もいらなくなり、将来の回収への不安や、元夫との接触ストレスがなくなって、ほんとストレスが減りましたね(*´▽`*)

 

最後に、私が使った弁護士さんを紹介しておきます。

 

素早く対応してくれたし、相談にもしっかりのってくれて良かったですよ(^^)/